ETCを利用する事によって得られるメリットは沢山あります。

ETCマイレージサービスやお得な割引特典など……現金支払いでは得られないETCのメリットを今回は考えてみたいと思います。

▼ETCカードを作ってたまるポイント

●ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスとはETCカードでの通行料金の支払額に応じて、ポイントが付くサービスです。

ポイントは還元額(無料通行分)に交換のうえ、通行料金の支払いに利用する事ができ、使えば使う程お得になる仕組みです。

登録、年会費ともに無料なので申し込んだ方が断然お得です。

ポイントは走行の翌月20日に、走行毎に付きます。

ポイントは道路事業者ごとに貯まるため、基本的に道路事業者間での合算はできません。

※一部(NEXCO東/中/西日本および宮城県道路公社)の事業者においては合算されます。

各社ポイントは以下の通りです(「+α」のある道路事業者では、月間利用額に応じて別途加算ポイントが付きます)

NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社……10円につき1ポイント本州四国連絡高速道路株式会社……10円につき1ポイント

阪神高速道路株式会社(8号京都線のみ対応)……100円につき3ポイント+α

名古屋高速道路公社……100円につき1ポイント+α

愛知県道路公社……100円につき1ポイント+α

神戸市道路公社……50円につき3ポイント+α

広島高速道路公社……100円につき1ポイント+α

福岡北九州高速道路公社……100円につき1ポイント+α

▼お得な特典

*主な割引について*

・平日割引…5回~9回利用で最大約30%還元、10回以上利用で最大約50%還元となる

・休日割引…30%割引

・深夜割引…30%割引

※ただし、各種割引には以下の様な適用条件があります。

【平日割引】

対応車種:全ての車種

対応日時:朝:6時~9時/夕:17時~20時

対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)

適応条件:①ETCマイレージサービスに登録済のETCカードを使用して、ETCゲートをETC無線通信で通過

②料金所入口、または料金所出口を6時~9時の間、または17時~20時の間に通過

③朝・夕の時間帯、それぞれ最初の1回に限り適用

【休日割引】

対応車種:普通車・軽自動車等(二輪車)限定

対応日時:土曜・日曜・祝日(終日)毎年1月2日3日

対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)

適応条件:①「普通車」又は「軽自動車」に該当する料金車種で、ETCが整備されているゲートをETC無線通信により通過

②土日祝にNEXCO3社が管理する割引対象の道路を走行時

【深夜割引】

対応車種:全ての車

対応日時:毎日0時~4時

対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する全国の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)

適応条件:①ETC設備のある入口インターチェンジをETC無線通信で走行

②0時~4時の間にNEXCO3社が管理する割引対象の道路を走行

この他に……

ETC2.0割引、外環道迂回利用割引、アクアライン割引、関越特別区間(水上~湯沢間)のETC料金、障害者割引、大口・多頻度割引等があります。

ちょっと調べるだけでこれだけのメリットが発生しています。

これを利用しない手はないですよね。