ネットで頼む場合、横断幕のデザインはどうすればいいの?

横断幕をネットで頼む場合、デザインをどうすればいいのか迷いますよね。

自分たちでデザインしたほうがいいのか、業者に依頼するのほうがいいのか、自分が持っている作成ソフトでデザインしたほうがいいのか……。

そこで今回は、ネットで頼む場合の横断幕のデザインをどうすればいいのか? についてお話ししたいと思います。

デザインの作成方法

ネット通販で横断幕の作成依頼をする場合、ゼロからデザインを依頼する場合とIllustrator等のソフトで作ったデザインを入稿して作ってもらう方法があります。

ExcelやWord、PowerPointで作ったデータを入稿できるネット通販もありますので、これらのソフトをお手持ちの場合はご自身で横断幕のデータを作ってみてください。

作る際に気をつけるポイントは、縦と横のサイズです。

まず縦サイズは90cmか120cmのどちらかが一般的です。

そして横サイズは、180cmや240cmなど用途に合わせて長さを決めてください。

基本的に横サイズは自由です。

ただし、横断幕を使用する場所、たとえばそれが屋内なのか屋外なのか、そしてスポーツ等の競技の種類やチームの人数、そして予算によって横サイズが決まってきますので、デザインする前によく話し合って決定しておくといいと思います。

また、自分でデザインしたいけれど、Illustratorの操作方法がわからない、ExcelやWord、PowerPointを持っていないという方でも、横断幕のテンプレートや素材が用意されているネット通販や、WEB上でデザインの作成ができるシステムを持ったネット通販もありますので検索してみてください。

そして、横断幕のデザインを依頼したい場合も、手書きでデザイン案を準備しておけば希望のものを仕上げてくれる通販サイトもありますので、デザインを作成する場合もゼロから依頼する場合も必要に応じて、ネットで検索してみてください。

必ず希望の横断幕作成のネット通販が見つかります。

押さえておきたいデザインを考える際のポイント

1.縦と横のサイズを決める

まずは縦サイズと横サイズの比率を決めておくことです。

そこが決まらないとデザインを考えることができません。

手書きでデザイン案を考える場合も、A4のコピー用紙で結構ですので、縦と横の長さの比率を実際に作りたい横断幕のサイズに合わせてテンプレートを作ってください。

そうすれば、業者に依頼するときは伝えやすく、自分でデザインを作っていく時も進めやすくなります。

2.メインタイトルを決める

横断幕に入れる文字数は、7文字~15文字が一般的です。

文字数が多すぎると、横断幕に対して文字が小さくなり、遠くからも読みにくくなりますので注意してください。

3.サブタイトルを決める

サブタイトルは無くても構いませんが、応援のエールや実績など伝えたいことがある場合は、4文字~24文字くらいに収めるようにします。

4.写真やロゴマーク、イラストを入れる

写真、ロゴマーク、イラストを入れたい場合は、デザインの一部として配置します。

もし手書きの場合は素材(写真、ロゴマーク、イラスト)をデータで用意して入稿の際に一緒に業者へ送ります。

5.イメージカラー(背景や文字の色など)を決める

メインとなる色を決めます。

適当にいろんな色を使うと特長の無いデザインになってしまう場合がありますのでしっかり関係者と話し合ってメインカラーを決定してください。


いかがでしたか?

以上で、ネットで頼む場合の横断幕のデザインについてのお話しを終わります。

今回のお話しをぜひ参考にしていただいて、横断幕の注文にチャレンジしてみてください。

注文?手作り?横断幕の作成方法について

横断幕が必要になった場合の注文の手順ですが、経験が無いとどう進めていいかわからないことが多いと思います。

そこで、横断幕の一般的な注文方法をご説明させていただくとともに、手作りの横断幕の作成方法についてもお話したいと思います。

通販サイトで注文する

近くに横断幕の制作会社が無い場合はネット通販で注文ができるのでご安心ください。

『横断幕 作成』で検索するとカンタンに見つけることができます。

Illustratorで作ったオリジナルのデザインデータで注文が出来たり、デザインのデータが無い場合もデザインから依頼することも出来ますので、まずは検索して条件にあった通販サイトを探してみてください。

また、通販サイトを選ぶ場合、自動見積りの機能があるサイトを選ぶと予算の目安が分かるので不安なく依頼をすることができます。

詳しい注文方法は、それぞれの通販サイトで確認してください。

近所の業者に注文する

近所の業者に相談する方が安心という場合は、

『横断幕 作成 お住まいの地域名』で検索すると見つかる場合が多いです。

近所の業者に相談するメリットは、直接細かいところまで相談できることと、制作の過程を見ることができること。

そして何よりも近くで安心できるというが大きなメリットです。

通販サイトは、横断幕の作成を手軽に依頼できることですが、手元に配達されるまでは、どんな仕上がりなのかわかりません。

ですから、近くに業者を見つけることが出来た場合は、ひとまず相談に行ってみることをおすすめいたします。

手作りする

横断幕の用途はいろいろです。

部活動やスポーツチーム等の応援や新築マンション等に掲げる横断幕は、何度も、そして長期間使用するものですから、しっかりとしたデザインと生地を選ばなければいけません。

しかし、運動会や学園祭、子供会のイベント等の場合は1度だけの使用で終わる場合もありますし、予算をかけることができない場合もあります。

簡易的なものであればそんなに費用もかからず、また関係者で知恵を出し合って楽しく作ることが出来ます。

そこで、最後に横断幕を手作りする方法もカンタンですがご説明したいと思います。

紙で作る方法

パソコンとコピー機があるなら、Illustratorなどの専用のソフトやExcel、Wordで作ったデータをパソコンで分割出力した後、つなぎ合わせれば完成です。

手書きの場合は、予定のサイズになるようにA4のコピー用紙をつなぎ合わせて大きな紙にします。

そして横断幕に下絵を描いて色を塗って仕上げます。

方眼紙など大きな紙を使用すれば、つなぎ合わせる手間もなくなります。

布で作る方法

布製の横断幕は、紙に書いた見本か、パソコンで作った原寸大の見本を見ながら布に下絵を書いて、色を塗って仕上げます。

布で作る場合は、強度や持ち運びを考えて、薄手なら綿ブロード、厚手ならオックスフォードという生地を選ぶことをおすすめします。

布は薄すぎると強度が心配になりますし、厚すぎると持ち運びが不便なのと塗装が剥がれやすいというデメリットがありますので注意してください。

どちらの生地も手芸店で手に入れることができますので安心してください。

布は後から切ったり縫ったりする場合がありますから、予定のサイズの10cm~20cmの余裕を持って購入してください。

布の四隅はハトメを止めるので、厚めの布を5cm四方に折ったものをそれぞれ四隅に縫い付けて強度をつけます。


いかがでしたか? 以上で説明は終了です。

1度きりの使用の場合は、紙や布で手作りの横断幕を作る。

長期間、そして継続使用の場合は業者に横断幕の作成を依頼するという判断基準でよいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

どんな生地がいいの?横断幕によく使用される布の種類

横断幕のサイズが決まり、印刷する内容も決まったら、次はどんな生地にするかも決めなければなりません。

横断幕を作るなら生地はなんでもいいというわけにはいきません。

まずチェックしなければならないのは、横断幕の生地には、屋内用と屋外用それぞれに適した生地があるということです。

屋内ですと設置させているライトの反射の影響を受けにくい、テカリの少ない生地がおすすめです。

屋外ですと、雨風等の天候に強い耐久性のある生地が求められます。

ここでは横断幕を作成するにあたって、屋内と屋外の使用環境によって、よく使われている代表的な生地とその特長をご説明させていただきます。

ぜひ参考にして、最適な横断幕の生地を選んでください。

トロマット

トロマットは、屋内と屋外用の両方に適した横断幕用の生地です。

厚手で強度があるにもかかわらず、柔らかく折りたためて持ち運びしやすいのが特長です。

さらに、トロマットは、折りたたんでも、折ジワができにくく、そしてインクのはがれもありません。

カラー印刷ができて発色も美しい生地になります。

ターポリン

ターポリンは、屋外の使用に適した生地です。

耐水性と遮光性、耐久性を兼ね備えているため、屋外で長期間使用する横断幕を作成するならターポリンが最適の生地と言えます。

耐久性では、運動会などのテントの生地に使われるほどの強度を備えています。

印刷の発色もよく色あせも少ないのも特長です。

また防火加工している生地なら、燃えにくいため安心して屋外に出したままの使用が可能となっています。

ターポリンと同じような性能の生地は他にもありますが、それらの生地と比べてもターポリンは安価な生地となっています。

メッシュターポリン

メッシュターポリンは、その名の通りメッシュタイプの生地です。

たくさんの穴が空いた生地のため軽く、屋外で風の影響を受けやすい場所での使用に大変適しています。

デメリットは穴が空いた生地のため印刷した絵柄が見えにくく、印刷した色が薄く見えてしまうところです。

横断幕の内容をハッキリと見せたい場合は別の生地を選ぶことをおすすめします。

グロスターポリン

光沢のあるターポリン生地です。

光沢がありながらテカリが抑えられているため、横断幕に印刷した文字や写真が見やすく、屋内の照明や太陽の光でもキレイに見せることができます。

光沢が強いため写真がキレイに印刷できます。


以上が横断幕に適した生地の紹介でした。

せっかく横断幕を作成するのですから、ぜひ長く愛用できるものを作ってください。

横断幕の定番サイズ・サイズ決めのポイント

スポーツ等の応援には欠かせないアイテムが横断幕です。

しかし、横断幕を制作会社に発注する場合に迷ってしまうのがサイズです。

スポーツ雑誌やインターネットで見かける横断幕はどれも最適と思える大きさで縦横の比率も、ちょうどよく見えますが、自分たちで横断幕を発注するとき、いったいどこに注意したらいいのでしょうか?

そこで、横断幕作成の際の、縦横のサイズや使用する場所によって変わる横断幕のサイズの決め方についてお話ししたいと思います。

定番のサイズ、比率について

横断幕は決まったサイズというのはありませんが、わからない時の目安になる、縦と横のサイズの決め方がありますのでご紹介したいと思います。

まず、縦サイズは90cmか120cmのどちらかを選びます。

横サイズは、180cmだったり240cmだったり、どんなサイズでも正解です。

横断幕の定番となるサイズや比率について、スポーツや競技の種類、チームの人数、屋内使用なのか、屋外使用なのかで、おすすめのサイズや比率も変わってきますので、今から詳しくお伝えしていきたいと思います。

屋外、屋内別のオススメサイズについて

先程、場所によってと言いましたが、横断幕の作成は屋外と屋内で縦横のサイズの目安があります。

サッカーや野球など屋外スポーツで使用する横断幕は、まず目立つことがポイントになりますので、横サイズは300cm以上がおすすめです。

横サイズが300cm以下だと目立たなくなってしまったり、長さが足りなくて横断幕の中に選手全員が入れないということがありますので、発注の際は特に長さに注意してください。

屋内の場合は、体育館や室内プールなど競技スペースが限られて来ますので、屋外のように横サイズ300cm以上の横断幕を作っても広げられない場合が考えられます。

そのため、屋内用の横断幕を作成する場合は、縦サイズを120cmに決めて、横サイズは、広くても1対3までの比率内に収まるような長さにするとちょうどいい見栄えになります。

その他のサイズの決め方について

横断幕のサイズは、縦サイズは90cmか120cmのどちらかを選ぶのが一般的です。

そして、横サイズは特にルールはありませんが、チームの人数や予算、そして横断幕を使用する場所によって、横サイズを決める場合が多いです。

注意点

縦横のサイズ以外で、横断幕を作成する際の注意点としては、使用する会場によって横断幕のサイズに制限がある場合がありますので、事前に開催会場に問い合わせておくことをおすすめいたします。