洗っていいの?横断幕のお手入れと保管方法について

時間と費用をかけて業者に作成を依頼した横断幕も、何度も使用していれば、汚れてしまいます。

しかし、汚れてしまってもそれぞれの布の特長を理解して、正しいお手入れ方法と保管方法を行えば、長く使い続けることができます。

そこで今回は、トロマットとターポリンで作成した横断幕のお手入れ方法について詳しくお話したいと思います。

お手入れ方法を間違うと、印刷が剥がれたり、折り目がついてしまうトラブルも起きてしまいますので、今回の内容をぜひ参考にしてお手入れと保管を行ってください。

トロマット

お手入れ方法

トロマットの横断幕は洗っても大丈夫ですが、やさしく手洗いをしてください。

その際、蛍光剤や漂白剤は使わず、中性洗剤を使って汚れを落とします。

洗濯機を使う場合は、水の温度は30度までにして弱水流で洗濯してください。

洗濯した後は、シワにならないように裏返しにして、陰干しで乾燥させます。

(変色の恐れがあるので、乾燥機は使用しないでください)

保管方法

トロマットは、折りたたんで保管することができます。

印刷した面を内側にして折りたたんだら、直射日光のあたらない場所に保管してください。

もしも、保管中にシワがついてしまった場合は、あわてずに物干し竿にかけておくとシワがのびますので覚えておいてください。

雨のあとのお手入れ方法

トロマットは雨でも使用することができますが、使った後は一度丸洗いして、完全に乾燥させて保管すれば大丈夫です。

ターポリン

お手入れ方法

もし汚れてしまった場合は、柔らかい布でやさしく拭き取ります。

力を入れてこするとインクが剥がれますので注意してください。

保管方法

ターポリンは印刷面を外側にしてロール状に丸めて、直射日光のあたらない場所に保管してください。

トロマットのように絶対に折りたたまないでください。

折りたたむと印刷が剥がれてしまいます。

雨のあとのお手入れ方法

ターポリンは水を弾く性質があるため、雨天時でも使用可能です。

濡れてしまっても、柔らかい布で水分を拭き取り、完全に乾かせば保管することができます。

注意点

トロマットとターポリンは、同じ横断幕の生地ですが、印刷方法やお手入れ方法、そして保管方法が違います。

今回はお手入れ方法等のご説明をしましたが、せっかくお金をかけて作った横断幕ですので、長く使っていくためにも、注文した業者に詳しいお手入れ方法や保管方法を確認することをおすすめします。

横断幕の取り付け方法について

横断幕を設置するには、安全に気をつけて設置することや、設置に関して細かなルールがある場合があります。

そこで今回は横断幕の取り付け方法に関する情報を中心にお話ししたいと思います。

ハトメを利用した取り付け方法

ハトメを使って横断幕を取り付ける方法は、スポーツ観戦等でよく見かける方法です。

横断幕はハトメ用の穴あけパンチで加工した穴に紐を通して、柵やフェンスにしっかりと紐を結んで設置します。

横断幕の設置自体はカンタンですが、横断幕を設置してもいいのか、設置の場所は決まっているのか、大きさに制限はないか等、勝手に横断幕を設置せず必ず事前に主催者に確認するようにします。

無許可で設置してしまうと、取り外すように言われる可能性もありますので注意してください。

袋縫いを利用した取り付け方法

袋縫いは、お店の看板代わりとしてよく使われる方法です。

横断幕の上辺と下辺を袋状に縫って、ポールを通して設置します。

横断幕にシワがよらず、シッカリと設置できるのが特長です。

袋縫いタイプの横断幕の設置には、専用のポールや固定用のブロックが必要になります。

まず、横断幕の袋加工をした部分にポールを通します。

横断幕の下にブロック等の重りを左右に2つ用意し、ポールとブロックを紐でシッカリと固定したら、取り付け完了です。

特に風の強い日などにも安心な取り付け方になります。

では、ハトメタイプと袋縫いタイプの横断幕の設置方法についてご説明しましたので、今度はハトメタイプと袋縫いタイプの横断幕の用途についてカンタンにご説明します。

スポーツの応援等に使う横断幕は、屋外だとフェンス、屋内だと柵を利用したりして設置場所が限られています。

そのため設置が楽なハトメタイプの横断幕が適しています。

一方、店舗等で使用する横断幕の場合、常設することが多いため、設置器具が必要な袋加工タイプの横断幕が適しています。

スポーツの応援等、設置場所が限られていて、場所も毎回変わるような場合はハトメの横断幕を選び、店舗等、設置場所が決まっている場合は専用の設置器具を準備して袋加工の横断幕を選びましょう。

もしも、どちらを選んでいいか分からない場合は、横断幕の作成を依頼する予定の業者に相談してみることをおすすめします。

設置する際の注意点

スポーツの応援のためであっても、スポーツ会場によっては許可が必要な場合があります。

屋外で設置する予定なら、法律や都道府県や市町村の条例に注意しなければなりません。

事前に主催者か市町村に確認してください。

屋内で設置する場合も、基本は主催者に横断幕設置の確認を行い、許可を取ります。

最後に、安全に配慮して取り付け、取り外しを行うことをこころがけてください。

屋外に設置した横断幕は風で飛ばされたりして、人に怪我をさせる場合もありますので、設置はシッカリと行ってください。

また、応援などが終わったら責任をもって横断幕の取り外しをしてください。


以上で、横断幕の取り付け方法についてのお話しは終了です。

横断幕の設置にも、意外と細かいルールがあることが分かりました。

ぜひ今回のお話しを参考にして自分たちはもちろん、周りの人達にも気持ちよく、そして安全な横断幕の設置をよろしくお願いします。

横断幕にオススメの言葉(四字熟語、二字熟語、英語)

今回は横断幕にオススメの言葉を四字熟語、二字熟語、英語それぞれに分けてご紹介していきたいと思います。

横断幕は応援する側もされる側も気持ちを一つにする重要なアイテムです。

せっか横断幕を作るのですから、気の利いた、元気の出る言葉をスローガンにして横断幕を作成したいですね。

ぜひ横断幕のスローガン決めの参考にしてみてください。

スローガンに使ってほしい四字熟語10選

気持ちを奮い立たせたり、強さを表現する四字熟語を厳選しました。

  • 《勇気凛凛》(ゆうきりんりん)・・・勇気を持って立ち向かうこと
  • 《勇猛果敢》(ゆうもうかかん)・・・困難を恐れず、力強く決断し行動すること
  • 《一網打尽》(いちもうだじん)・・・たった一回の網で魚を全部捕まえること
  • 《一騎当千》(いっきとうせん)・・・たった一人で千人の敵を相手にできること
  • 《威風堂々》(いふうどうどう)・・・周りを圧するような威厳が満ちあふれていて堂々としていること
  • 《気炎万丈》(きえんばんじょう)・・・燃え上がる炎のように、周囲を圧倒するほどの気迫があること
  • 《国士無双》(こくしむそう)・・・天下一の人物、国に二人といない傑出した人物のこと
  • 《鼓舞激励》(こぶげきれい)・・・相手を応援して奮い立たせること
  • 《疾風怒濤》(しっぷうどとう)・・・激しい風、荒れ狂う波を表す言葉
  • 《獅子奮迅》(ししふんじん)・・・獅子が奮い立ち突進するほどの激しい勢いを表す言葉

スローガンに使ってほしい二字熟語10選

2つの文字で気持ちを表現することができる二次熟語を厳選しました。

横断幕に大きな文字で表現できますので、ぜひ自分たちにピッタリな力強い文字を選んでください。

  • 《覚醒》(かくせい)・・・目を覚ますこと、開眼すること、能力が目覚めること
  • 《神風》(かみかぜ)・・・神が巻き起こすと言われる風このと
  • 《剛力》(ごうりき)・・・強い力を表すこと、強い人を表す言葉
  • 《豪傑》(ごうけつ)・・・小さなことにこだわらない大きな人物を表す言葉
  • 《士魂》(しこん)・・・侍の魂を表す言葉
  • 《闘魂》(とうこん)・・・闘う意気込みを魂に込めるという意味を表す言葉
  • 《覇王》(はおう)・・・強い力で天下を治める人物
  • 《疾風》(はやて)(しっぷう)・・・速く激しい風を表す言葉
  • 《無敵》(むてき)・・・あまりにも強すぎて敵がいないことを表す言葉
  • 《無双》(むそう)・・・どんな相手にも圧倒的な力を発揮できることを表す言葉

スローガンに使ってほしい英語5選

応援メッセージにピッタリな、英語のフレーズ厳選5選です。

  • 《 One for all, all for one 》・・・一人はみんなのために、みんなは一人のために
  • 《 We are the one 》・・・私たちは一つ
  • 《 Go for it 》・・・がんばれ!、行け!進め!
  • 《 Only one 》・・・唯一、ただ一つ
  • 《 Believe in yourself!》・・・自分を信じろ!


いかがでしたか?

横断幕の作成に使ってほしい四字熟語、二次熟語、英語のオススメの言葉のご紹介でした。

ぜひ、今回の内容を参考にしていただき、あなたの横断幕にピッタリの言葉を選んでください。

横断幕に使いたいオリジナルのスローガンを考えよう!

横断幕の作成も大切ですが、本当に大切なのは、横断幕に入れるスローガンです。

どこかの有名なスローガンをマネるのではなく、参加する人、応援する人が元気で前向きになれるようなオリジナルのスローガンを作らなければなりません。

そこで今回は、横断幕の主役とも言えるスローガンの考え方や作り方についてお話ししていきたいと思います。

スローガンとは

もうご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、今回の大切なテーマですのでここで改めてご説明したいと思います。

スローガンとは、企業、ブランド、サークル、スポーツチーム、運動会等、それぞれの団体が伝えたいテーマや主義主張をわかりやすく表現したものです。

企業CMの最初や最後の締めくくりに、スローガンを耳にすることも多いですよね。

プロ野球でも毎年スローガンが発表され、話題になっています。

【関連記事】プロ野球12球団スローガン2018発表 「1番ダサいのは?」で議論白熱

短い言葉の中にみんなの想いがたくさん詰まった言葉が理想のスローガンです。

短いフレーズですから、思っていたよりも難しいかもしれませんが、みなさん一人ひとりの想いを出し合ってスローガンを考えてみてください。

今回は、そのスローガンの作り方のコツをご紹介いたします。

みんながわかりやすく、そして親しみやすく、そして応援したくなるようなステキなオリジナルのスローガンを作りましょう。

スローガンを決める手順

それでは、スローガンを決める手順をご紹介していきたいと思います。

テーマを決める

テーマを決めます。

運動会なら、どんな運動会にしたいのか?

スポーツチームなら、どんな試合をしてほしいのか?

その中で望むゴールがあると思います。

それをどんどん出し合ってその中からテーマを決めましょう。

例えば、『勝利』『絆』『喜び』『団結』『仲間』『結束』『ネバーギブアップ』など、大切にしているテーマを一つ見つけます。

キーワードを選ぶ

テーマが決まったら、そのテーマからイメージできるキーワードをどんどん書き出していきます。

テーマをもとにして書き出したキーワードがスローガンのフレーズになりますので、イメージをふくらませて書き出しましょう。

キーワードを書き出す時のコツはポジティブな言葉を選ぶことです。

キーワードを繋げる

テーマをもとにして書き出したキーワードをつなげて、世界に一つだけのオリジナルスローガンを作りましょう。

スローガンはリズミカルなフレーズにするのがコツです。

リズミカルなスローガンにすると覚えてもらいやすくなるメリットがあります。

リズミカルと言われても難しい……

と感じたら、俳句の5・7・5で考えてみるとスローガンにリズムが生まれやすいので参考にしてみてください。

その他のキーワードをつなげるコツは、

・『行け!』『進め!』『勝ち取れ!』などの命令形で前向きな言葉をつかう

・倒置法を使ってインパクトのあるフレーズにする

・『風林火山』『電光石火』『勇猛果敢』など、魂が奮い立つような四文字熟語を使う

これらを参考にスローガンを考えてみてください。

流行語を入れる 等

みんなが知っている流行語を入れたり、もじったりしてスローガンに入れてみるのもおすすめです。

NGな言葉(ネガティブな表現など)

言うまでも無いと思いますが、スローガンはポジティブな気持ちを表現した言葉です。

失敗を許さないような表現、そして相手チームをおとしめるようなネガティブな表現になっていないか注意しましょう。

横断幕にかかげられたスローガンを見て、誰もが明るい気持ちになれるようなものを作ることが大切です。


以上で横断幕に使いたいオリジナルのスローガンの考え方、作り方を終わりたいと思います。

ぜひ参加する人、応援する人が奮い立ち、元気になるようなステキなスローガンを作ってくださいね。

紙派?布派?横断幕を手作りしよう!

横断幕は紙や布を使えば手作りすることができます。

今回は紙で作る横断幕と布で作る横断幕、それぞれの作成方法をご紹介したいと思います。

紙と布、それぞれの特長もご紹介しましたので、ぜひ目的にあった横断幕を作ってみてください。

紙で作るメリット、デメリット

横断幕を手軽に作るなら紙がおすすめです。

1日だけ使用する場合や、費用をかけられない時でも、時間をかけずにカンタンに作れるところが紙のメリットです。

しかし紙ですから耐久性が無いため、屋内でしか使用できないのが紙で作成する横断幕のデメリットです。

ですから、紙のメリットとデメリットを踏まえて、紙製の横断幕を作りましょう。

紙で作る方法

紙で横断幕を作る方法をご紹介いたします。

1.ワードで横断幕のデータを作成し印刷する

Wordで横断幕を作る説明のため、縦900mm☓横1800mmの横断幕のデータを作ると仮定して説明を進めていきます。

  1. まず、ワードのメニューから、[ページレイアウト→サイズ→その他の用紙サイズ]を選んでください。
  2. 次にページ設定の[余白タブ]を選択し、余白サイズを全て(上下左右)3mmに変更します。

    (余白を3mmに設定しておくとワードに表示される用紙が実際の比率に近くなりデザインがしやすくなります。)

  3. 次にページ設定の[用紙タブ]を選択し、[用紙サイズ]→[サイズを指定]を選択します。
  4. ワードで横断幕のデータを作る場合、ワードのページ設定が560mmまでしか設定できないため用紙サイズは実際のサイズを縮小したサイズを[幅]と[高さ]に設定してください。

    ここでは、幅450mm☓高さ225mmと入力します。(実際のサイズの4分の1のサイズです)

  5. サイズの設定が出来たら、デザインを作成します。
  6. 出来上がったらワードのデータを保存したあと、[名前を付けて保存]を選択しPDFでも保存します。

次に、ワードで作ったPDFデータで横断幕の印刷を行います。

  1. ワードやエクセルで作ったPDFをAdobe Reader で開き[印刷]を選択します。
  2. ページサイズ処理の[ポスター]を選択し、倍率を実際のサイズに調整した後、印刷ボタンをクリックします。
  3. 出力された紙を貼り合わせると、紙の横断幕の完成です。

2.複合機で長尺紙やロール紙に印刷する

オフィスにあるコピー機(複合機)なら、長尺用紙を使用してカンタンに横断幕を作成することができます。

まず、使用するプリンターのプロパティを開きます。

用紙設定を自由に設定できる任意サイズ(カスタム等)を選択し、縦サイズと横サイズを入力します。

つまり横断幕の横サイズと縦サイズを設定して、後は長尺紙を手差しトレイにセットするだけです。

(プリンターのメーカーによってプロパティの設定画面や設定方法等が異なりますのでご注意ください。)

※長尺紙とは?

A4等の普通の紙よりも長いサイズの紙を長尺紙と言います。

紙の厚さや光沢の有無等、種類が豊富です。

長尺紙は以下のようなサイズをネット通販等で手軽に購入することができます。

  • 297mm×900mm
  • 297mm×1200mm
  • 210mm×900mm
  • 320mm×1200mm

布で作るメリット、デメリット

横断幕を手作りする場合、紙や布を使うことになります。

紙と同じように布も手芸店に行けば安価な物が手に入りますし、紙のように破れたり、シワになりにくい、屋外でも使用できる等のメリットがあります。

しかし、布のほつれ防止のためにミシンを使用したり、ミシンが無い場合はアイロンを使った接着剤を使用するなどの処理が必要になり、完成までに時間がかかるのはもちろんのこと、ミシン等の道具や技術が必要になることがデメリットと言えます。

布で作る方法

布の加工について

布に強度をつけなければなりません。

これによって布がほつれるのを防ぐことや布自体の強度を上げることができます。

まず、布の外側の端を内側に折込みミシンで縫います。

ミシンをお持ちでない場合はアイロンの熱で接着する布用の接着剤を使用してください。

デザインの下書き、着色について

今度は、加工した布に直接下書きをします。

下書きはチャコペーパーを使用してください。

チャコペーパーは布に直接書き込みができる布専用の下書き用紙です。

※チャコペーパーとは?

チャコペーパーとは、布に転写ができる紙です。

図案の下書きを用意して図案の紙と布の間にチャコペーパーを挟んで、下書きをなぞり、布に図案を転写させます。

直接布に下書きを書くと描きにくいため、一般的な手芸作品でもチャコペーパーが使われています。

ハトメの取り付けについて

布に直接ハトメを取り付けても強度が足りず、取り付けたハトメがスグに外れてしまいます。

ハトメをしっかりと固定するために布の四隅にしっかりと加工をします。

それでは厚めの布を用意します。

用意した厚めの布を幅5cmほどの正方形に折り、4つ用意します。

折った布をそれぞれ布の四隅にしっかりと縫い込んだ後に、ハトメを取り付ければ完成です。


いかがでしたか?

紙と布はそれぞれに作る際の手軽さや、難しさ等のメリットやデメリットがあります。

横断幕の使用目的をよく検討して最適な横断幕を作ってみてください。

▽福岡マラソンのランナーを応援する、手書きの大型横断幕が話題になっていましたのでご紹介:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/464453/