コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

カードの種類別の作り方③ー学生向けのETCカードの作り方ー

18歳になれば運転免許が取得でき、高速道路を利用する機会もあるでしょう。
未成年者、学生であっても長距離ドライブなどで遠出する場合ETCカードがあれば何かと便利です。
そんな若者向けのETCカードも勿論あります。
ちなみにクレジットカードの追加カードとしてのETCカードは例えバイクが運転出来て、高速道路を利用する事があっても18歳未満には発行されません。
仮に中学校卒業と同時に働いていて安定収入があったとしても、発行は難しいと思った方が良いでしょう。

▼18歳以上の学生にお得なカードとは?

<学生専用カード>
0148be771fa150a198462a91df312d41_s
学生専用のETCカードはその名の通り、学生である内は多くのメリットがあるカードです。
年会費が無料だったり、付帯するサービスや特典が一般カードより優遇されていたり、ポイントが一般カードより多く付くなど、大学生、短大生、専門学校生、高専4・5年生、大学院生であれば誰でも申し込みが可能です。
ただし、18歳以上でも高校に在学中の方は申し込みできません。
学生専用カードの場合、原則としてアルバイト等の収入が無くても問題なく発行されますが、クレジットカードの限度額は一般カードよりも低い「10万円」程度に抑えられているのが特徴です。

▼高校生でも作れるカードってないの?

学生専用ETCカードは高校生が作ることはできませんが、ETCパーソナルカードなら申し込みの際に親権者の同意が必要ですが、自動二輪免許が取得できる16歳から申し込みが可能で、高校生でも取得することが出来ます。
ただ、ETCパーソナルカードは1枚1,234円(税込)の年会費と、初めに最低でも40,000円のデポジット(保証金)が必要となりますので、クレジットカードの追加カードとしてETCカードを作るより費用が掛かるという点があります。

▼学生・未成年者にはクレジットカード機能付きがおすすめ

全体的に見てやはり学生のうちは年会費が無料で、付帯するサービスや特典、そしてポイントが一般カードより多く付くなど、何かとお得な学生専用クレジットカード機能付きのETCカードが一番おすすめです。
早いうちにクレジットカードを作っておけば、後に発生する事が多い「スーパーホワイト問題」(スーパーホワイトとは、信用情報機関に一切情報がなく、これまでクレジットカードやローンを一切利用した事がない状態の事)に悩まされる事もなくなります。
財布に現金を入れておく必要もリスクも軽減されるので、一枚位は作っておくのがいいですね。