横断幕とは?懸垂幕との違いについて

スポーツの応援や体育祭などのイベントで、大きな横断幕を目にしたことはありませんか?
看板などとは違いいつでも持ち運べるのが特徴のため、さまざまなシーンで便利に活用されています。
これから作成したいと考えている方でも、「基礎知識が身に付いていないからなんとなく不安」と感じている場合も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、横断幕の定義や目的、懸垂幕との違いなどについて詳しく解説します。

そもそも横断幕とは?どんな目的で使われる?

そもそも横断幕とは、大きな布に強調したい文字を印刷し壁面などに固定して使う道具で、横幕や側幕とも呼ばれます。
その起源は平安時代ののぼり旗であり、「横断」は道いっぱいに拡げて訴求することから由来していると言われます。
大きさがあるので遠くからでもはっきりと内容が確認でき、何かをアピールしたいときには万能です。
よくイメージされるスポーツの応援だけでなく、イベント会場や店舗の宣伝など、普段なにげなく歩いている街中でも意外と多く利用されているのです。

横断幕と懸垂幕との違い

横断幕は昔からなじみのある応援グッズですが、懸垂幕と聞くとなかなか想像できない方もいるのではないでしょうか?
懸垂幕の中で最も身近なのが、商業施設やビル、市役所など高いところから吊り下げられている細長い幕。
横長の布を使ったものを横断幕というのに対して、縦長の布を使ったものを懸垂幕もしくは垂れ幕といい、この2つは生地や縫製によって区別されることはありません。

その他の幕や旗のいろいろ

その他にも幕や旗にはたくさんの種類があり複雑に思われますが、こちらも生地や縫製の違いはなく用途のみが異なります。
工事現場や建築現場周辺で見かけることの多い幕は足場幕といい、「工事中」や「安全第一」などの文字をアピールしている場合もあれば、企業名を記載して広告スペースとしている場合もあります。
また、応援旗や団旗はチーム名やマークなどを印刷した旗で、横断幕同様スポーツの応援に大いに役立ちます。
ポールに取り付けられた大きな旗を掲げ、左右に振ることでチームの団結力を強調することができます。
企業名やロゴが入った社旗は、会社行事やイベントでのプロモーションに役立てられています。

いかがでしたか?
横断幕はインパクトがある分多くの宣伝効果があり、用途が幅広いのが特徴です。
何を主張したいのかによって作成すべき幕や旗の種類は異なるので、まずは目的を明確にさせることから始めてみましょう。